2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログ村

  • ブログ村

鉄道模型

無料ブログはココログ

« 東急5000系電車 (初代) ヘッドライト シールドビーム化 | トップページ | 2016年 第13回 鉄道模型市 »

セキに石炭を積む

先日、手に入れた、ジャンクなセキに石炭を積みます。

少し前からやろうと思っていたのですが、例によって、以前買ったはずのモーリンの石炭が見つかりませんでした。

絶対に買って、未使用なはずなので、もう一度家探ししました。
その結果、無事に発見できました。

では、早速、制作に移りましょう。

で、どのように作ろうかと悩んだ末に、スチレンボードを使うことを思いつきました。

なお、石炭の積荷の作り方は、Nゲージ蒸気機関車にも、製作記事が掲載されていますが、記事を一通り読んだ結果、結構、面倒だなと感じてしまい、もっとお手軽な方式を選択したわけです。

まずは、スチレンボードをセキの荷台のサイズにカットします。
なお、スチレンボードがすっぽりと入るサイズまで小さくします。
さらに、内側には3箇所のリブがあるので、その部分を少し切り欠いておきます。
この時点で横からスチレンボードが見えていないことが重要です。

そして、スチレンボードは白かったので、黒いマジックで塗りました。

その後、スチレンボードに木工ボンドを塗り、石炭を振りかけます。

当然、それだけでは不十分なので、さらに、石炭を盛り付けます。
その後、ボンド液(木工ボンドを水で希釈した液)を石炭の上から垂らします。

要は、バラストを固着するイメージと同じです。

20160425_223031

このまま、1日放置します。

なお、石炭を盛り付ける際には、3箇所くらい山になるように盛り付けると良いようです。

こちらが、完成イメージです。

20160425_223254

で、上から見ると、
20160425_223228


20160425_223310

マジックで塗った部分が光っています。
つや消しを行った方が良さそうです。

ちなみに4両中、1両はプラ製の石炭を積んだ、KATOのセキが混じっています。

これで、石炭を積んだセキが漸く25両になりました。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

« 東急5000系電車 (初代) ヘッドライト シールドビーム化 | トップページ | 2016年 第13回 鉄道模型市 »

鉄道模型(貨車)」カテゴリの記事

コメント

KATOのサウンドボックス、以前から気になっているんですが、
なかなか購入に踏み切れていません。
手持ちのSLが結構あるので、臨時収入でもあれば購入したいですね。

こんにちわです。

石炭見つかって良かったですね。
私はC12のサウンドカードが未だ発見できません(爆)

石炭の積載、これ良いですねー
私もやってみようかな(^^♪

石炭が無いから買わないといけませんね
お値段チェック!だなぁ(^-^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1040166/65183592

この記事へのトラックバック一覧です: セキに石炭を積む:

« 東急5000系電車 (初代) ヘッドライト シールドビーム化 | トップページ | 2016年 第13回 鉄道模型市 »