2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログ村

  • ブログ村

鉄道模型

無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

Raspberry Pi

最近、こちらを入手して、弄くり回しています。

その為、模型の製作が止まっています。


という訳で、近況報告でした。

Img_8324


Img_8326


Img_8332


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

鉄コレ 集電化加工  床板の集電化

本日は、床板に台車からの集電加工を行いました。

まずは、銅線をボディよりも長めに切り出します。
今回使用しているのは、100均の0.28mmの銅製の針金です。


次に、青銅板の端切れに、先ほどの銅線にハンダ付けします。

青銅板は、台車の集電装置に使った分の余りの部分です。

Img_8301


Img_8302

そして、この青銅板を床板に接着します。
今回、床板の加工はしない事を原則としていますので、銅線は、先頭部分から内部に引き込みます。
その為に、銅線は、ボディよりも長めに切り出しています。

Img_8299

そして、100均の台所用アルミテープを床板に貼ります。

この時、アルミテープの端を先ほどの銅線を巻き込むように折り曲げます。
こうしないと、うまく集電出来ません。

と言うのは、アルミテープの接着剤が付いている面は通電しないので、通電する為には、接着剤が付いていない面を使用する必要があります。

ちなみに、ウエイトは、マスキングテープで、絶縁しています。
こうしておかないと、両方の銅線がウエイトに接触すると、ショートしてしまいますので。


Img_8298


Img_8300


一応、完成しましたので。この時点で、集電出来ているかを確認します。

アルミテープを鰐口ではさんで、LEDを点灯させてみました。

Img_8296

Img_8297


無事、点灯しました。

これで、床板側の加工は完了です。

続いて、ボディ側の加工を行います。

次回に続きます。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

スクロール時計

今回は、純粋に「電子工作」の話題です。

先週末、秋葉原に行ってきました。
その次いでに、秋月電子で、スクロール時計のキットを買ってきました。

パーツの数は、それなりにあるし、IC、LEDなどを取り付けるので結構面倒だなと思っていたのですが、
組み立て始めると、以外に時間がかからず、夕食後の数時間で完成してしまいました。

取り敢えず、電池で起動して、放置していた所、本日の日中にアラームが鳴り出してしまい、
家族から「うるさい」とクレームが入りました。

そう言えば、アラームの機能がある事は知っていたのですが、
アラムーをオフにしておくのを忘れていました。

その為、12時過ぎに、アラームが鳴ってしまった様です。

改めて説明書を読むと、SWを押すとアラームが止まる様ですし、
15分経つと自動停止する様です。

しかし、このキット、スクロールスピードが意外と早く、
目に悪そうです。

抵抗を追加して、もう少し、スクロールスピードを遅くしたいと思います。

20150209_2338

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

鉄コレ 集電化加工  台車

なかなか時間が取れず、暫く活動停止していました。

本日は、鉄コレの集電化加工を行いました。

まずは、台車の加工です。

最近、鉄コレの集電化パーツも販売されている様ですが、
その方式を参考にしながら、手抜きしつつ、自作します。

まずは、燐青銅板 0.1mmから T字型のパーツを切り出します。
実測した経験値としては、横20mm,縦は、5mmです。

これを、台車の穴に通します。

なお、台車には、事前に2カ所穴をあけておきます。

加工後の画像はこちらです。

裏からT字の出っ張り部分を穴に通します。
その後、車輪をはめた状態です。

この時、燐青銅板の先端部分が車輪に触れるように調整を行う必要があります。
燐青銅板は、0.1mmと薄いですが、曲げ癖を付けるには、ペンチなどが必要です。 

Img_8291

上から見るとこんな感じです。

穴から燐青銅板が顔を出すくらいがちょうど良いかと思います。

あまり長すぎると、床板にもろに接触してしまうので、台車の首が振らなくなってしまいます。


Img_8293


Img_8294

そして、T字の切り出した際の残りの部分は、4個のみ集電用に利用します。

Img_8295

こちらは、床板に貼付けて、台車からの集電板とする予定です。


次回に、続きます。


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »