2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログ村

  • ブログ村

鉄道模型

無料ブログはココログ

« 常点灯タイプ  加減速コントローラーの製作 ケース組み込み | トップページ | 常点灯タイプ  加減速コントローラー  2台目 »

鉄コレ 第4弾 大井川鉄道 ヘッドライト点灯加工

鉄コレ 第4弾 大井川鉄道のヘッドライト点灯加工を行いました。

今回、加工の過程を画像で紹介します。

既に、Nゲージ化は完了していますが、付随車は、集電加工が必要となります。

まずは、こんなものを作ります。

Img_7593

プラ板に穴を開けたものです。
これを集電装置の補助器具として、車輪に取り付けます。


Img_7594

これを車輪に嵌め込みます。
車輪は、引っ張ると抜けますので、この様にします。


Img_7595
この板が、回転しない様にGボンドで固定します。

その後、車輪から出っ張っている部分はカットします。


Img_7597

次に、台車を加工します。


Img_7598

2カ所に穴をあけます。

Img_7599

続いて、床板にも穴をあけます。


Img_7601

数カ所開けた穴を繋げて、台車が首を振れる様にします。

Img_7604

台車に、車輪を取り付け、集電板の代わりに、銅線で集電装置を作り、先ほどの穴から先端を出します。

ちなみに、連結器が付く側は、プラ板製の集電補助器具を取り付けると、車輪が回らなくなるので、
取付を省略しています。

もしかしたら、プラ板製の集電補助器具自体、取り付けなくても集電は問題ないかもしれません。

Img_7606

その後、ヘッドライトのユニットを取り付けて、確認してみました。
この時点では、コンデンサを取り付けていますが、その後、このコンデンサは、取り外しました。

Img_7613

ヘッドライトは、ピンバイスで穴をあけ、その後、1mmのファイバーを差し込みます。


Img_7614

屋根の部分は、光が透けてしまうので、黒で遮光します。


Img_7615

LED+CRD+ダイオードで製作した、ヘッドライトユニットを天井に固定します。

Img_7607

ボディを被せて、点灯を確認します。


Img_7616

動力装置の場合は、簡単で、ヘッドライトユニットから延ばした線を集電板にハンダ付けしてしまいます。

Img_7617

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

« 常点灯タイプ  加減速コントローラーの製作 ケース組み込み | トップページ | 常点灯タイプ  加減速コントローラー  2台目 »

鉄道模型(車両)」カテゴリの記事

コメント

雷鳥8号さん、コメントありがとうございます。

基本は、観賞用なので、遮光は面倒ですが、仕方ないですね。

でも、鉄コレは、せめてヘッドライトくらいは点灯したいですね。
本当は、室内灯もと考えたりしますが、そうなると、車両全体を遮光しなければ駄目でしょうね。

こんにちは
鉄コレのヘッドライト点灯化
私もやりましたね
鉄コレのボディも光が透けやすいので、遮光はしっかりしないと
いけませんね(笑)
私は、不十分な部分もあって、一部透けちゃいましたけどね(笑)

ただ、鉄コレはライトの点灯化をしてみたくなります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1040166/57935167

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄コレ 第4弾 大井川鉄道 ヘッドライト点灯加工:

« 常点灯タイプ  加減速コントローラーの製作 ケース組み込み | トップページ | 常点灯タイプ  加減速コントローラー  2台目 »