2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ村

  • ブログ村

鉄道模型

無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

富山地方鉄道14760形(旧塗装)3両セット

漸く、発売された、「富山地方鉄道14760形(旧塗装)3両セット」を購入しました。

実は、富山地方鉄道には未だに乗った事がありません。
過去に何度か、富山県を訪問はしているのですが、私鉄を利用する機会がありませんでした。

しかし、こちらこちらのブログを拝見するうちに、この車両が妙に気になりだして、結局、購入してしまいました。

画像をクリックすると、拡大表示します。

Img_3386


Img_3387


Img_3388

この姿を見ると、ヘッドライトとテールライトをぜひとも点灯させたいですね。


実は、随分前に富山地方鉄道が舞台となった映画のDVDも購入していて、
その際には、こちらのおまけも手に入れています。

しかし、未だに、DVDも含めて未開封状態で、今は完全なコレクションになってしまっています。

Img_3389


Img_3390


Img_3391


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

自作室内灯の取り付け

本日は、室内灯の取り付けを行いました。

対象の車両は、KATOのオハ35 3両とオハフ33 1両です。

本日は、写真がピンぼけばかりですので、小さめにしています。

取り付け後の様子です。

Img_3381


LEDの個体差なのか、はたまた、違うLEDなのか、明るさが違います。

Img_3384


こちらは、同じような明るさです。

Img_3385

オハフ33の後方からの画像です。

室内の明かりが漏れて見えます。

Img_3383

こちらは、反対側。

こちらも、室内の明かりが漏れて見えます。
が、電流制御用のCRDもばっちり見えています。

まあ、横から見たらわからないので、これでも問題ありません。

Img_3382


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

自作室内灯の改善

以前から、続けている作業に、自作室内灯にコンデンサをつけるという作業があります。

ある程度終了したと思ってたら、まだコンデンサを取り付けていない室内灯が見つかりました。

さらに、室内灯を取り付けていない、オハも数量見つかりました。

本日は、コンデンサを取り付ける作業を行いました。

このような感じで、あと付けで、10μFのコンデンサを取り付けています。

Img_3374

コンデンサを取り付けた事により、点灯したときに、以前よりも明るくなりました。

Img_3375


Img_3376


Img_3380_2


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

マイクロエース EF71の整備

我が家には、30年くらい前に購入した車両がまだ現役としてあります。

そんな現役車両のマイクロエースEF71です。


Img_3340


買った当初は調子が良かったのですが、さすがに数十年経つと、動きが悪くなります。

これまでも、何度か分解修理を試みましたが、この車両、分解方法がわかりませんでした。
最近の車両は、比較的簡単に、ボディと動力装置を分離できますが、
この車両に関しては、どうやっても、分解できません。

漸く今回、分解できました。

この車両、なんと屋根からアクセスする必要があったのです。


こちらが、屋根を取り外した画像です。


Img_3341

開けてびっくり、ボディが動力装置にねじ止めされています。

これでは、いくらやっても、分離できる訳がありません。


Img_3339


手前が、屋根のパーツです。

よくよく見ると、このパーツは、端を少し持ち上げてスライドさせると、取り外しできる様になっていました。

その後、分解&清掃して試運転したら、すこぶる快調になりました。

漸く、30年来の問題が一つ解決しました。

Img_3338

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

KATO 機関車 常点灯対応の確認&加工 

そういえば、PWNのパワーパックでも、常点灯しないKATOの機関車がある事を思い出し、
本日は、時間の許す限り、チェック&加工を実施してみました。

常点灯化の対策としては、基板上のコンデンサを除去するだけです。
なお、このコンデンサを除去する事により、逆電流により反対側のライトがちらつくというデメリットもあることがわかっています。

この対策方法も、ありますが、今回は、まずは常点灯化することを目的として、コンデンサの除去のみを行っています。


*画像は、クリックすると、拡大表示します。

まずは、こちら。
EH200は、無加工でも常点灯します。

Img_3335

EF65 JR貨物更新色は、そのままでは、常点灯しないので、
コンデンサを除去しました。

その結果がこちらです。

Img_3336

DE10も同様に常点灯しないので、コンデンサを除去しました。

その結果がこちら。
ちょっとボケています。

Img_3337

EF81は、常点灯しました。その為、無加工です。

Img_3342_2

こちらも、同様です。

Img_3352

EF66は、常点灯しなかったので、コンデンサを除去しました。

Img_3345

なお、こちらは、以前、LED化の加工を行っており、常点灯します。

Img_3361


EF210は常点灯しなかったので、コンデンサを除去しました。

Img_3346

EF64は常点灯しなかったので、コンデンサを除去しました。

Img_3349

外観は違っても、中身は同じですので、こちらも加工しました。

Img_3350

そして、こちらも同様に加工しました。。

Img_3351

EF510は常点灯しなかったので、コンデンサを除去しました。


Img_3354

こちらも同様に加工しました。


Img_3356

EF65 P型は、常点灯しなかったので、コンデンサを除去しました。

Img_3363

DD51は、以前、LED化を行っており、常点灯します。
ピントがあっていません。

Img_3360


以上、本日の成果としては、10両の常点灯化が完了しました。


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

KATO EF65 1000番台 前期形 JR貨物2次更新車色 ブレーキホース取り付け

本日は、KATO EF65 1000番台 前期形 JR貨物2次更新車色にブレーキホースを取り付けました。

いつもの様に、モールドを切除して、穴をあけます。
今回は、ブレーキホースを取り付ける2カ所のみ加工しています。

*画像はクリックすると拡大表示されます。

Img_3324


完成後の画像です。

Img_3325


Img_3326

反対側もこんな感じ。

Img_3327


Img_3328


Img_3329

上から見ると、汚れた感じを出しています。

Img_3330


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

TOMIX EF65-1000(前期型・JR貨物更新車)ブレーキホース取り付け

EF65-1000(前期型・JR貨物更新車)のブレーキホース取り付けです。

今回は、片側はコックのみの部分は元々のモールドを着色のみ行いました。
ただ単に、白い色をさしただけですが、雰囲気は随分変わります。

*画像をクリックすると拡大表示されます。

Img_3311

右側のコックは、いつものガンダムカラーの白で色差しのみ行いました。

Img_3312

Img_3313


Img_3316

こちら側は、モールドを削除して、コックのみを取り付けています。

Img_3319


Img_3320


Img_3321

屋根は、エアブラシで汚しています。

Img_3314

塗装したつもりはないのですが、なぜか、側面もちょっと汚れています。

Img_3315


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

KATO EH200 ブレーキホース取り付け

本日は、KATOのEH200にブレーキホースを取り付けました。

これまでの作業中で、今回が一番苦労しました。

EH200に関して、ネットで探してみましたが、実車の写真は多数見つかりますが、
模型に関する記事はあまりありません。

何故だろうと思っていたのですが、実際にやってみて、わかりました。

というのは、EH200に関してはボディを分解するのが、とても面倒だからです。
従って、分解自体を諦めてしまい、改造するまでに至らないケースが多いのではないかと予想されます。

実際、本日、分解するのに、あれこれ悩みながら、30分以上掛かりました。
一度分解できてしまえば、どうってことはないのですが、
初めての時には、果たしてこれでいいのだろうか?
ボディを破損してしまうのではないかと、ドキドキしながら分解作業を進めました。

そして、漸くここまでたどり着けました。

*画像はクリックすると拡大表示します。

Img_3288

ボディの裾部分とスカートは一体整形されています。

従って、ここまで分解しないとスカートの加工が出来ません。

Img_3290

早速、いつもの様に、モールドを切除して、穴をあけます。
今回は、元あった場所2カ所とカプラーの横の計3カ所です。


Img_3292

モールドを切除した所、スカートの塗料がはげ、切除した箇所が白くなって目立ちます。
そこで、ガンダムカラーのグレーでタッチアップしてみました。

最初は明るすぎるかなと思いましたが、時間が経つにつれて、何となく色がなじんで来た様に感じます。

Img_3293

3カ所にブレーキホースを取り付けます。
今回は、TOMIXのブレーキホースを使用しています。

向かって右端は、コックのみとなる為、敢えて、左側用のブレーキホースを使用します。

Img_3296

カプラーを戻して、ボディに取り付けてみます。
Img_3298


Img_3300

Img_3301

Img_3302

右端のブレーキホースをカットして、コックのみとします。
さらに、ガンダムカラーで色差しします。

Img_3305


Img_3309

これで、ようやく完成です。

Img_3307

Img_3308

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

EF65-1000(1019号機・レインボー塗装) ブレーキホース取り付け

本日の加工作業の最後は、EF65-1000(1019号機・レインボー塗装)です。

こちらも、ブレーキホース以外に、コックのみだったりと、加工が大変です。

いつもの様に、スカートのモールドを削除して、0.5mmの穴をあけます。
そして、ブレーキホースを差し込み固定します。
その状態がこちらです。

*画像は、クリックすると拡大表示します。

Img_3268

よく見ると、左側用のブレーキホースを右側に固定していますね。
でもコレでいいんです。

その後、ブレーキホースをカットして、コックのみにする為、普段あまり使わないパーツである、左側のブレーキホースを使用しているからです。

Img_3270

反対側も同じ様に加工します。

Img_3272

そして、元通りに組み立てれば完了です。


Img_3276


Img_3279

Img_3277


Img_3278


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


TOMIX JR EF66-100形電気機関車 ブレーキホース取り付け

今回は、JR EF66-100形電気機関車(前期型)(後期型)の加工の話です。

あまり代わり映えがしないので、写真は端折っています。
また、本来、向かって左側のコックは白いようですが、その加工はまだ完了していません。


*画像をクリックすると、拡大表示されます。

Img_3260


Img_3262


Img_3263


Img_3265


Img_3266


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

TOMIX EF64-1000(JR貨物更新車) ブレーキホースの取り付け

本日は、まず、EF64-1000(JR貨物更新車)のブレーキホース取り付けを行いました。

いつもの様に、スカートのモールドを取り去り、0.5mmの穴をあけます。

EF64の場合、ブレーキホースがたくさん付いています。
5カ所に穴をあけます。

*画像をクリックすると、拡大表示されます。

Img_3248

全ての穴に、ブレーキホースを差し込み、固定します。
また、数カ所は、赤や白く着色します。

アップで見ると、塗り方がかなり雑なのが目立ちます。

Img_3251

元通りに組み立てた状態がこちらです。

Img_3254

それなりに、雰囲気が出ているようです。

Img_3255


Img_3257

その後、ジャンパー線も追加しようかとも思いましたが、
他にも加工すべき車両があるので、時間のかかる、ジャンパー線の取り付けは後回しとしました。

この話題、まだ暫く、続きます。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »