2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ村

  • ブログ村

鉄道模型

無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

MacBook Pro 購入

本日、MacBook Proが届きました。

これまで使っていたMacBookは、新しいOSもインストールできず、iPhone5とも同期できなくなっていましたので、そろそろ買い替え時だと考え、どれを買おうか考えていました。

iMacが発売される頃から、「今度買うのは、デスクトップで十分かな?」と考えていて、
どこで買おうかと迷っていた所でした。

予算的にも、iMacを買うとなると、別途外付けのDVDが必要になり、トータルで結構な金額となるため、
なかなかあと一歩が踏み出せずにいました。

ところが、日曜日にAmazonを見ていたら、MacBook Proが、20%以上値引きされているのを発見しました。

そこで、このMacBook Proを購入するかどうか、早速検討しました。

メリット
 iMacを購入すると、必然的に、外付けのDVDドライブを買う必要がある。
 しかし、MacBook Proだと、DVDドライブが内蔵されているので、別途購入する必要もない。
 しかも、持ち運びできる。

 メモリは、8GBだが、メモリを交換すれば、16GBまで増設可能。
 しかも、メモリの交換方法もサポートページにあるので、自分でできる。
 まあ、メモリは足りなくなったときに交換すればいいやと割り切れば問題なし。

 それに対して、iMacの場合、メモリの増設はほぼ無理っぽい。
 となると、当初から、16GBメモリを増設した状態で購入しなければならない。

 プロセッサも、今回ターゲットとしていたCore i7なので、ほぼ満足です。

デメリット
 画面の大きさは13インチなので、iMacの21.5インチには到底適わない。

 内蔵のディスク容量が750GBとノートPCとしては多いが、これだけでは足りない。

結局、MacBook Proを購入する方がメリットが多く、当然、お財布にも優しいという結論に至り、
注文してしまいました。

そして、本日、午前中に届きました。

早速開封して、あれこれ設定を行っています。

20130129_221425


現在は、iTunesのライブラリをMacBookよりコピー中です。

20130129_212241


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


東京地下鉄10000系

昨日から、東京地下鉄10000系の室内灯を取り付けています。

前回、室内灯には、10μFのコンデンサを取り付ける事にしましたので、
休日に、秋月電子へ行って、パーツを仕入れてきました。

このセット(GREEN MAX)は、先頭車両とモーター車は、室内灯用の給電板が完備されていますが、
それ以外の車両は、別途集電板(TR200用)を用意する必要があります。

たまたま、以前、別の用途で使うつもりで、購入していた、TR200用が1セットあるので、付随車4両に室内灯を取り付けました。


こちらが、点灯前の状態。

Img_2741

こちらが、室内灯を点灯させた状態です。

Img_2740


TR200用には、4両分の集電板が入っています。

Img_2744


台車を取り外して、集電板をセットしますが、その際に、
ブリッジダイオードの足にハンダ付けした銅板を台車側の集電板の間に挟み込みます。

その後、プラ棒とLEDをアルミテープで固定します。

Img_2746


プラ棒の反対側はアルミテープで遮光します。

このあと、天井部分にアルミテープを貼り、ボディを被せます。

Img_2745


完成の様子がこちらです。
やはり、室内灯を取り付けると、いい感じになりました。

Img_2747

残りの3両は、TR200用集電板が入手出来たら、室内灯を取り付けます。

さて、次は、どの車両に室内灯を取り付けようかな?


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

今更ながら、室内灯改造

以前から気になっていた事があります。

自作の室内灯ですが、他の方の記事を見ると、ブリッジダイオードにコンデンサを接続している例が多く見受けられます。

これは、チラツキ防止の為だろうと思っていたので、敢えて省略して、室内灯を作っていました。
しかし、このコンデンサの有無での違いを確かめもせずに省略していた事が気になっていました。

そこで、改めて、コンデンサの有無による違いを確認してみました。

Img_2734

右側がコンデンサあり、左側がコンデンサなしです。

明らかに、コンデンサありの方が明るいですね。

アップでの比較です。

コンデンサあり

Img_2735

Img_2738


コンデンサなし

Img_2736

Img_2737


この結果を見ると、「明るさ」を追求するならコンデンサを接続すべきだと言う事がわかります。

早速、未使用の室内灯にコンデンサを接続しました。


Img_2739


今回使用しているパーツは、以下の通り。
全て、秋月電子にて購入。

・LED 3mm白色LED 2800~5600mcd UW3804X 10個100円

・ブリッジダイオードDIP型 DF06M  7個100円 

・定電流ダイオード(18mA)E-183  10本400円

・絶縁型ラジアルリードタイプ積層セラミックコンデンサ10μF25V 10個200円

なお、今回、コンデンサは跡づけした為、ハンダ付けや配線の取り回しが楽な、
積層セラミックコンデンサを採用しました。

この結果を元に、今後製作する室内灯には、コンデンサ接続を基本仕様とします。

また、何時になるかはわかりませんが、
これまで作った室内灯も、同じ様に改修を進める予定です。

でも、結構面倒だなあ。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

E6系新幹線「スーパーこまち」

E5があるので、必要ないと思っていたのですが、
結局、KATOのE6を予約してしまいました。

なんだかんだと、この所、新幹線ばかり買い込んでいる気が・・・。

でも、これで、E5との連結も出来るなあ。

KATO E6

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

本日の買い物 大宮

本日、漸く、大宮の量販店へ行きました。

あれこれ、見ましたが、グッと我慢して、なるべく散在しない様に気をつけました。


まず、高架の橋脚が足りなかったので、購入。(予定通り)

Img_2729

安かったので、購入。
どんな物なのか、気になったので。(予定外)

Img_2730


カプラーも不足しているので、ナックルカプラーを購入。(予定通り)

Img_2731


先日購入したキット用の動力装置(予定通り)

Img_2733

こちらは、鉄コレ用に購入。(予定外)

Img_2732

いい加減飽きたので、そろそろ帰ろうかとレジの近くに行くと、
こちらを発見。

中身は見ることができないですが、何となく気になるし、
値段も手頃なので、まあいいかと購入。

Img_2725

開封してみるとこんな感じ。


Img_2726

説明書(英語のみ)を見て、この戦闘機の乗務員が3名だと言うことを初めて知りました。

Img_2727


説明書は英語のみですが、イラストがあるので何とかなるでしょう。

Img_2728

今回は、衝動買いは、少なかったので安く済みました。

しかし、エアーブラシが気になっているので、今後やはり必要かな?と検討中です。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


自作室内灯の補充作業

昨日の工作で、室内灯の残りが3個になってしまった為、
本日は、自作室内灯のパーツ作りを行いました。

当初は、20個一気に作ろうと用意したのですが、
作業を始めて見ると、単純作業が苦手な私は、すぐに飽きてしまい、
結局、本日は、10個のみ作成する事にしました。

途中経過の画像です。

Img_2718

ブリッジダイオードに18mAのCRDと白色LEDをハンダ付けした状態です。


なお、ブリッジダイオードの下には、パーツ保持用に両面テープを貼ってあります。

CRDとLEDの接続部分には、気休めですが、絶縁目的でチューブを入れています。


こちらは、車両からの給電部になります。

Img_2719

なお、使用している銅板は、100均で鉢植えの周りに巻く虫除け用として売られている銅板です。

あれこれ検討した結果、この銅板の薄さが結構お手軽だと言う事に気付いて、
ストックしています。


こちらが、給電部をハンダ付けした状態です。

Img_2720

Img_2721


給電用の銅板は先端部分を曲げて、ハンダ付けしています。

Img_2722


その後、点灯テストを行った所、10個全て問題ありませんでした。

Img_2723


取り敢えず、これで、ストックは、13個になりました。

Img_2724


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


キハ111,112室内灯取り付け

昨日に引き続き、本日は、残りの2両、キハ111、キハ112に自作室内灯を取り付けました。

必要なパーツを並べてみました。

Img_2704

手前から、アルミテープ、導光用のアクリル丸棒、自作LED室内灯です。

ブリッジダイオードには、給電用に細く切った銅板をハンダ付けしてあります。


室内灯の取り付けイメージです。


Img_2706

銅板は、座席パーツと床板パーツの間に差し込みます。

なお、ヘッドライト用の給電パーツがありますので、これには触れない様に調整します。

昨日、導光には、プラスチック丸棒を使用していると書きましたが、
手元にあった丸棒は、アクリル製でした。

恐らく、導光材として、プラスチックとアクリルの2種類を試したときの残りの様です。

取り付けて、点灯してみます。

Img_2708

その後、もう1両も室内灯を組み込み、3両分の室内灯取り付けが完了しました。

Img_2716

まだ室内灯を取り付けるべき車両はあるのですが、
自作室内灯の作り置き分が少なくなってきたので、
そろそろ、作り置きをしておかないと、今後の室内灯取り付け作業に支障が出そうです。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

キハ110 室内灯取り付け

本日、短時間で出来る作業として、自作室内灯の取り付けを行いました。

なお、LED、CRD、ブリッジダイオードのハンダ付けは、既に作成済みのストックを使用しましたので、
本日の作業は、室内灯を組み込んだだけです。

まずは、説明書通りに、給電部をボディの隙間に入れます。

その後、LEDと導光用のプラ丸棒をアルミテープで固定します。

Img_2695_2


天井部分には、細く切り出したアルミテープを貼ります。


Img_2696

あとは、まず点灯を確認して、その後、ボディを被せるだけです。


Img_2698

そして、点灯してみます。


Img_2697

天井から導光用のプラ棒が見えてしまっています。

さらに、窓からアルミテープも見えます。
まあ、下から覗かない限りは見えないので、これは問題ない事にします。

Img_2699

さらに、ドアのまどから、パーツが見えていますが、
キハ110の場合、前後ともヘッドライトとテールライトの点灯装置が取り付けられている為、
これ以上、動かせません。

Img_2700

取り敢えず、これでキハ110の室内灯取り付けは完成とします。

Img_2701

取り付けの作業時間は、20分程度です。


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

L形ディーゼル機関車

先日購入した、L形ディーゼル機関車を少しずつ組み立てています。

Img_2694

ペーパー製なので、裏からサーフェイサーを塗りました。


Img_2692


Img_2693

ボディを組み立てようと、作業をはじめした。

説明書通りに、紙を曲げます。

Img_2689

ラジエターカバーを組み立てます。


Img_2690

ボディを組み立てようと、パーツを切り出しました。


Img_2691

が、よく考えたら、動力装置を購入していないので、
このパーツをどこに取り付けたらいいのかがわかりません。

このまま、ボディを組み立てるのは無謀だと言う事に気付きました。

結局、続きは、動力装置を購入してからしか出来ない事になります。


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道動画へ
にほんブログ村

TOMIX EF63 カプラー交換

以前入手したTOMIXのEF63は、カプラーを交換せずにいました。

しかし、カプラーは、KATOに統一している為に、TOMIXのEF63は他の機関車との連結が出来ない状態でした。

本日、思いたって、カプラー交換を行いました。

TOMIXのカプラーは、車両間隔が広く、あまり頂けません。

Img_2583

KATOのカプラーに交換してみると、
左がKATO、 右がTOMIXです。
随分と大きさが違う様です。

Img_2588


左はナックルカプラー、右は双頭カプラーです。

Img_2585


取り敢えず、片側のみ交換して、様子を見ようかとも考えましたが、
2両ともKATOの双頭カプラーとナックルカプラーに交換しました。

Img_2591


Img_2596


こちら側は、ナックルカプラーです。

Img_2593


連結すると、この様になります。

Img_2595


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

つらら切り、スノープロウキット その後

さいたま鉄道模型フェスタ2012で、購入した、つらら切り、スノープロウのキット

家に戻って、中身を見ると、必要なパーツが入っていない。

早速販売元である、ワールド工芸へ連絡すると、必要なパーツを送付するとの事。

連絡してから2日後にはパーツが届きました。

こちら。

Img_2580

そして、こちらが間違って入っていたパーツ。

Img_2579


こちらのナンバープレートは、元から入っていたもの。

Img_2581


と言う訳で、パーツは手に入りましたが、
年末年始は、仕事の為、
さらに、未だに、C56は、購入後開封をしていない状態で、
その後は、全く進展はありません。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »