2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログ村

  • ブログ村

鉄道模型

無料ブログはココログ

« 貨車の汚し | トップページ | DE10の入換灯を点灯させてみよう »

東京急行電鉄3600系 集電化加工 その2

前回(2012年7月)から、随分経ちましたが、
一気に、ヘッドライトの点灯化が完了しました。

こちらが完成画像です。

Img_2467

点灯用のLEDをどこに設置するかをあれこれ悩んだあげく、
結局、ヘッドライトへの導光の問題を解決するには、屋根裏がよいとの結論になり、
全てのパーツが屋根裏に収まりそうなので、屋根裏に設置しました。

また、導光には、1mmのファイバーを短く切って使用しました。

今回は、ヘッドライトのみを点灯しましたので、
15mAのCRDと、逆電流対策としてスイッチングダイオードを接続しました。
なお、接続には、ポリウレタン線を使用しました。

Img_2468

ヘッドライト部分のアップです。
接着剤で固定していますが、仮止めしていたマスキングテープごと接着してしまいました。

Img_2469

屋根裏の配線の様子です。
本来は、もっと短く出来ますが、ハンダ付けの手間を考えると、面倒だったので、
屋根裏に配線を這わせてごまかしています。

Img_2470

こちらは、台車からの給電部分です。
本当は、給電部分は、室内パーツの下に隠したかったのですが、
そうすると、台車がうまく首を振れなくなるので、
室内の一部をカットして、台車が首を振れる様にしました。
まあ、室内をよく見ないとわからないので、良しとしています。

Img_2471

台車の集電部分です。
銅線を車輪に巻き付けただけの簡単な集電です。
なお、今回車輪は、以前購入していたけれども使っていなかった、TOMIXの黒塗り車輪が見つかりましたので、それを使用しました。

なお、点灯のチラツキ対策として、前後の台車をポリウレタン線で接続し、全車輪から給電出来る様にしています。

Img_2472

遠目ではわかりませんが、ヘッドライトの部分が別パーツになっている為、光が多少漏れています。
マスキングして、再塗装すればいいのですが、そちらはいつ完成するか不明です。

Img_2474

そして、まだ、1両分しか出来ていないので、もう1両分の加工が必要です。

これが非常に面倒だったりします。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

« 貨車の汚し | トップページ | DE10の入換灯を点灯させてみよう »

鉄道模型(車両)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1040166/47959991

この記事へのトラックバック一覧です: 東京急行電鉄3600系 集電化加工 その2:

« 貨車の汚し | トップページ | DE10の入換灯を点灯させてみよう »