2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログ村

  • ブログ村

鉄道模型

無料ブログはココログ

« LED化 DD51 | トップページ | ストラクチャのLED化 »

LED化 オハネフ25

連日のLED化ですが、そろそろ入門編が終了しそうです。

本日は、オハネフ25のテールをLED化しました。

こちらは、LED化が完了して、ボディに組み込んだ所です。
Img_5759


部品を組み込む前に、確認したはずなのに、何故か、前進時に点灯しないという事態になり、
再度組み直した後の画像です。

今回は、カニ24で実績のあるLEDを使いましたが、
確認中に、ひとつ飛ばしてしまいました。

CRDの取り付け方向を間違ってしまい、コントローラーをMAXにしたら、
LEDに許容電圧以上の電圧が掛ってしまい、壊れてしまいました。shock

さらに、線路からの集電に問題があり、組み立て直しても点灯しなくて、焦りました。shock
結局、集電用の金属片にヤスリがけし、何とか復活出来ました。happy01

そういえば、この車両は、今から20年くらい前にNゲージを始めた時の
入門セットに入っていたものでした。

こちらは、点灯するギリギリの状態です。
Img_5760

こちらが通常の明るさです。
Img_5761

こちらがMAXの明るさです。
コントローラーをMAXにしても、CRDのおかげでLEDには、3V以下の電圧しか掛りません。
Img_5762


今後は、組み込むものが難しくなるので、作業が面倒になりそうです。

DE10を分解してみましたが、基板のパターンをカットして、CRDを取り付けても、
ボディの空き空間に余裕がなく、部品を納めることが難しそうです。

ブログ村に参加しています。
よろしければ、クリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道動画へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

« LED化 DD51 | トップページ | ストラクチャのLED化 »

鉄道模型(車両)」カテゴリの記事

コメント

oomoriさん
たしかにチップは使えたほうが作業そのものが円滑に進みます。

LEDが大きくて入らないからボディーの内側のダイキャストなんかを削ったりして万が一失敗して元の状態に戻したい時に困りますから..............

また余計な工作が省略できるのも魅力ですね^^

ただ2012になってくると半田付けしてから向きを調整するとすぐに壊れるのでその辺に慣れれば逆に3mm球を使うこと自体がなんか嫌になりますよ^^

新製品にこだわらず、旧製品をグレードアップさせていくスタイルには好感が持てますよ^^

ノリノリさん、コメントありがとうございます。
チップLEDは、試しに手に入れてはいますが、
未だに手を付けていません。

DE10は、チップLEDを使わないと、収まりそうにありません。
チップLEDの導入を本格的に検討の必要がありますね。

こんにちは^^
LEDに嵌ってるんですね~~
私もLED大好きなのでこの手の記事はいいですね~~^^

ところでKATOのトレインマーク変換装置付きの車両の「マークは明るいけどテールライトが暗い」って問題はやはり生じますね。

私の場合LEDは2012チップ(1200mcd程度)を使用し、LED自体は斜め下に向けるようにしてテールライトプリズムに沢山光が回り込むようにしてます^^

チップは指向角が元々広い(狭いものでも120°はある)のでLEDが斜め下を向いていてもマークに対する影響はほぼ皆無です^^

また3mm球もサイズ的に苦しいときは球自体を削って小さくすればよいと思います。
発光体が直に外に出なければかなり削り込んでも問題はないようです^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1040166/28503430

この記事へのトラックバック一覧です: LED化 オハネフ25:

« LED化 DD51 | トップページ | ストラクチャのLED化 »