2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ村

  • ブログ村

鉄道模型

無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

鉄コレ その後2

第4弾の富士急を加工しました。

今回は、
・動力化
・Nカプラー装着
・汚し
です。


右は、加工前。
左は、加工後です。

汚しは、黒のパステルを筆塗り、
水性ペンで汚し、綿棒で汚れ落としです。

このシリーズ、先頭車のダミーカプラーが潰れているケースが多いようです。
少なくとも、購入したシリーズで2両は経験しています。

今回は、Nカプラーを付けたので問題はありませんが、
クレームをつけるのも面倒で泣き寝入りです。
他の部分が作り込まれているだけに、残念です。

Img_0836

動力車には、PS-13のパンタを付けました。
Img_0842

パンタ付近も汚していますが、あまり目立ちません。
Img_0844


ちょっと、汚し過ぎかな?
Img_0845

台車も少し汚していますが、テカリが抜けていませんね。
Img_0846

少し汚れ過ぎで、洗車が必要なようです。
Img_0848

鉄コレ その後

本日、4両を何とか仕上げました。

と言っても、車輪の交換、カプラの交換、パンタの交換 程度です。

早速、記念撮影。

先頭車両は、ダミーのカプラ、他は、Nカプラーを装着。

パンタは、PS−16Pです。


Img_0820


Img_0821

Img_0822

Img_0823


Img_0824


Img_0825


Img_0828


Img_0829

結局、4両購入した事によりケースが足りなくなり、収納ケースを早速製作中です。

神社 その後

本日、トミーテックより部品が届きました。

とても素早い対応で驚きました。

HP上では、7月1日以降と書いてあったので、まだ来ないだろうと思っていましたが、
本日、普通郵便で届きました。


Img_0817

封筒の中には箱が

Img_0818

箱の中には、交換用の部品が入っていました。

Img_0819


鉄コレ購入

先日の予告通り、小田急を4両調達しました。

さらに、トレーラー化パーツ、パンタグラフ、Nカプラーなどを購入。

そして、今日は、昭和の「鉄道模型」をつくる の発売日。

漸く、47号まで来ました。
と言っても、未だに、時々ストラクチャを組み立てるだけで、
未だに進展がありません。

それでも、他の方のHPを参考にしながら、必要になりそうな物を
あれこれ買いそろえています。

一旦、組み立てだしたら、完成まで、
さらに完成後の保管場所の事も考えなければならず、
未だに着手出来ずにいます。

しかし、将来の拡張の為にポイントの購入を考えていますが、
こちらは未だに入手出来ずにいます。

今回は、画像がありません。
次回は、鉄コレ小田急の状況を画像にしてみたいと思っています。

車両ケースの加工

今日は、早く帰れたので、100均で、ふた付きの小物入れを購入。
とりあえず、はみ出している工具等を収納。

車両ケースをちょっと加工。

Img_0815  Img_0816 

仕切りを固定し、さらに、カプラ保護用に小切れを接着。
また、現物合わせで作ったので、ケースよりも仕切りが小さく、
上部に空間が出来ていました。
また、最底面は、重さでたわみが出ていたので、ゲタを履かせました。

小型車量は、これでもいいのですが、
20m級の車両は、皆さんと同じように、横にして使用するのが良いようです。
縦だと、収納時は良いのですが、収納できる車両の数が半減してしまいます。



動力ユニット

先日購入した、「鉄道コレクション」の動力ユニットを購入しました。

Img_0813

とりあえず、2編成動力化を行いました。

こちらも、ケースを新調しました。

これまで使っていた物は、カーコレクション保存用に変更しました。

まだ、仕切りは仮設置です。

小田急は、出来れば、フロア運転用に4両か6両編成にしてみたい気もしています。

Img_0801  

Img_0802

Img_0805  Img_0808

神社

時々、帰りに覗くショップに、これがありました。

Img_0812

ちょっと迷いましたが、後からは絶対手に入らないだろうと思い、
購入しました。

そして、こちらも。
Img_0814

今のところ、使い道はないのですが。

それと、トミーテックのHPによると、今回再生産した商品に不備があるようです。
該当のパーツは、申し込めば送ってくれるようです。
私の購入した物も、まさにこの対象になっていました。

トミーテック

ザ・トラックコレクション 第4弾 その4

その後、さらに増えました。
今はこんな感じです。

Img_0809  Img_0810 

その後、ケースを作り直しました。
そして、二つ目はまだ制作途中です。

いつも朝寄るコンビニからトラックコレクションが無くなりました。
ほぼすべてを私が買い占めてしまったようです。

とりあえず、このくらい集まればいいかなと思っています。

ザ・トラックコレクション 第4弾 その3

本日、まだ在庫がありました。
また、2台購入。
毎朝寄る、いつものコンビニ。

今日は、コンテナが2台でした。

このコンテナは、模型でも利用できます。

Img_0708 Img_0709
Img_0710 Img_0711   

ザ・トラックコレクション 第4弾 その2

本日、2台購入。

Img_0704  Img_0705  Img_0706 Img_0707

毎朝寄るコンビニにありました。
もう、購入するのはやめようと思いつつも、
見つけると、ついつい買ってしまいます。

今回は、はしご車が初めて出ました。

でも、これは、シークレットバージョンではないようです。

まだ、数台残っていたので、もしも明日残っていれば、
また買ってしまうと思います。

鉄道コレクション

先日、購入した「鉄道コレクション」第4弾。
どうしても、2両編成にしたくて、今日は6両購入しました。
結局、第4弾は8両購入してしまいました。

で、編成が組めたのは、2両編成が3組。
残りの2両は、富士急行と、西武でした。
富士急行は、3両編成にも出来ますが、西武は編成が組めません。

弘南鉄道 2両

Img_0682  Img_0685

大井川鉄道 2両
Img_0686  Img_0688

富士急行 2両
Img_0690  Img_0691

先日購入した小田急と並べてみた。
Img_0695 Img_0696_2  Img_0697  Img_0698

小田急電鉄
すっかり忘れていたが、子供の頃に乗った小田急電鉄は、この色でした。
こちらは、2両セットで購入しました。

Img_0671  Img_0673  Img_0674


ザ・トラックコレクション 第4弾

本日は、漸く出回り始めた「ザ・トラックコレクション」第4弾を購入。

Img_0675

Img_0676

こちらがダブりました。
でも、コンテナが取り外せるので、バリエーションが楽しめそうです。
Img_0677
クレーンは、回転可能です。
Img_0679

カンガルーと日通は、アルミボディです。
Img_0680

それにしても、このシリーズ、細部までよく出来ています。
デジカメで接写すると、作り込まれているのがわかります。
この金額で、購入できるのは、嬉しいです。
すぐに売り切れてしまうのはわかります。

そして、私のように、見つけると皆さんまとめ買いするのでしょうね。

久々の運転

休みが取れたので、久々にフロア運転をしました。

Img_0626

京浜東北線  ATC付き
Img_0627

GMのキットを組んだもの 東急田園都市線
Img_0629

Img_0630

C11  
Img_0633

C57が引くブルートレイン
Img_0634

C57とDD51のすれ違い
DD51が引くのは、寝台急行

Img_0638

貨物も有ります。

Img_0654  Img_0659

EF6のコンテナ貨物。
国鉄時代の冷蔵コンテナも有ります。

Img_0662  Img_0664  Img_0666  

Img_0667   Img_0669  

カーコレクション&鉄道コレクション

カーコレクション、鉄道コレクションを購入しました。

カーコレクション
今回購入したのは、60年代の車です。

鉄道コレクションは、第4弾のものです。
それぞれ1両ずつなので、編成が組めません。
それぞれ、もう1両づつ欲しいところです。

そうすれば、モータを購入して、入線させたいと思います。

Img_0613 Img_0615 Img_0617 Img_0623



樹木再生

昔、作りかけていたレイアウトに使用していた、樹木を再生した。
以前は、パウダーの量が少なかったようで、今ひとつ樹木として迫力がなかった。
また、パウダー自体も暗い色だったので見栄えが良くなかった。

今回、明るめのパウダーで再生工事を実施。

以前に比べると、多少なりとも樹木らしく見えるようになった。

他にも、広葉樹のキットを購入したり、他の手段でも樹木作りに挑戦しようと
あれこれ材料ばかり集めている。

Img_0337 Img_0338

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »